ライブ音源が好まれる理由。 totte.tvでは、音楽に関する様々な話題を紹介

音楽のある生活

音楽が好きな人、あまり興味の無い人というのは聞きますが、音楽が嫌いだという人に未だ出会ったことはありません。
音楽に様々な思い出を持っている人もいると思います。そこで今回は音楽が人にどのような効果をもたらしてくれるのかを考えてみたいと思います。

音楽のある生活を送っていると、その音楽が無いと落ち着かないということはありませんか?
特に一人暮らしをしている人にはこういった覚えがあるのではないでしょうか。音楽を掛けて生活をしていると、その音楽を口ずさみながら普段の生活を送っているなんてこともあるはずです。

例えば、いつも朝見るニュース番組で使われる音楽が変わってしまったとき、なんだかいつもと違うのでニュース番組を変えてしまう。音楽が変わったことで、普段の生活が大きく変化した錯覚を受けることもあるのではないでしょうか。
また、仕事場では音楽を聴いているオフィスもあれば、そうでないオフィスもあります。
仕事効率が高まることから音楽を流しているというところもあれば、まったく音がしない静かなオフィスのほうが落ち着いて仕事が出来るといった人もいるでしょう。

実際のところ、音楽が流れていることで、作業効率が向上したという研究の結果もあるので、全ての人がこれに当てはまるわけではありませんが、一応の事実として、仕事場で音楽を流すのは良い仕事をする効果があるはずです。

音楽の効果はなにも仕事の効率を高めるだけではありません。
バラードなどでは、恋愛感情に大きく訴えかけることで、その人の恋愛意識を強くしたり、相手のことを思って感情移入することもあります。

クラッシックなどでは、古い音楽だとあまり興味がわかない人も多いかもしれませんが、マンガが原作のドラマで、オーケストラを舞台とした学生の交々を題材にしたことで、多くの人にクラッシックが新たに認識されるようになり、その効果もまた見直す機会が出来ました。

どんな音楽も、気に入ればライブ音源でその音楽を楽しみたい。と考えるのが世の常。実際にライブ会場に足を運んだり、ライブ音源のCDを入手して、通常のCDとは違うノリや臨場感を感じることがライブ音源ではできるようです。



総務省
総務省のホームページです。