ライブ音源の魅力ってなに?一般的に知られている意味とは

ライブ音源の魅力と一般的に知られる意味

そもそも論ですが、「ライブ音源」とは一体どのようなものを指しているのかご存知ですか?
「ライブ」とは、生演奏や生放送を指し、「音源」とは、音の発生している場所を意味します。それぞれの単語の意味から、ミュージシャンやオーケストラなどのライブやコンサートで聴くことのできる臨場感のある楽曲演奏のことを「ライブ音源」としているようです。

時にファンの歓声や拍手の音も入っていて、実際にライブやコンサートだけのオリジナルの編曲がなされている。なんていうのは、実際にコンサートやライブに足を運んだ人にしかわからないものですが、「ライブ音源」の曲をアルバムに一部収録することで、少しだけその場にいるイメージや雰囲気をCDやダウンロードで音楽を楽しんでいる人も味わう事が出来るのが、ライブ音源です。

ライブ音源だからこその音の広がりや、その音源を録ったコンサートやライブの空気感までも、感じることができる場合もあります。いつもアルバムやシングルで聞いている、またダウンロードで聞いている曲とは少し違った雰囲気を楽しめるもの。
なかなか行ける地域でライブが行われないアーティストやクラシックコンサートなどのライブ音源の楽曲は、普段聞き慣れている楽曲でも、まるで新しい曲を聴くような新鮮味を覚えることがあります。自分がその場にいるような気分になる。それがライブ音源の魅力です。